バスケ審判のジェスチャー&ルール一覧【2018】服装や資格も解説

バスケットボールの審判のジェスチャーは数多くの種類があります。今回はよく使う審判のジェスチャーをまとめました。

復習も兼ねてルールについてもご紹介します。また、バスケの審判をする際に必要な資格や服装、笛についてなども併せて解説します。


目次

  • バスケットボールのルール違反は「バイオレーション」と「ファウル」2つ
  • 【審判のジェスチャー】バイオレーション
  • 【審判のジェスチャー】ファウル
  • 【審判のジェスチャー】得点の合図
  • 【審判のジェスチャー】時計の合図
  • 【審判のジェスチャー】交代・タイムアウトなどの合図
  • バスケの審判の資格やワッペンとは
  • まとめ

バスケットボールのルール違反は「バイオレーション」と「ファウル」2つ

バスケットボールにはルール違反の種類が2つあります。

1つめが「バイオレーション」。バイオレーションには罰則があり、相手チームには違反が起きた場所から最も近い位置でスローインが与えられます。
バイオレーションは違反行為として判断されますが、何度ルール違反しても退場にならず、スコアシートへの記録はなし。フリースローを相手に与えることもありません。

もう1つの違反は「ファウル」です。ファウルとは、規則違反のうち、相手チームのプレーヤーとの不当な体の触れ合いやスポーツマンらしくない行為を指します。
ファウルは違反ごとに全てスコアシートに記録され、1チームに記録されるファウルの数に制限はありません。

参考:公益財団法人日本バスケットボール協会バスケットボール競技規則

【審判のジェスチャー】バイオレーション

それでは、バイオレーションごとにジェスチャーをチェックしていきましょう。日本バスケットボール協会バスケットボール競技規則にあるバイオレーションの内容も簡単に説明します。
参考:公益財団法人日本バスケットボール協会バスケットボール競技規則

3秒ルール違反


【ルール】
相手チームのバスケットに近い制限区域内に3秒以上とどまってしまった。
【ジェスチャー】
腕を前に水平に伸ばして、3本指を示す

5秒ルール違反

【ルール】
スローインが5秒以上かかるときや、相手チームにガードされているときにパスやショット、ドリブルが5秒を超えてしまったとき。また、フリースローで審判からボールを与えられてからボールを放つまでに5秒以上かかってしまったとき。

【ジェスチャー】
顔の近くで5本指を示す

8秒ルール違反

【ルール】
スローインのとき、バックコートでそのボールをコントロールしたチームが、8秒以内にボールをフロントコートに進められなかったとき。
【ジェスチャー】
顔の近くで8本指を示す

24秒ルール違反

【ルール】
ボールをコントロールしているチームが、スローインから24秒以内にショットしなければならない。
【ジェスチャー】
手で自分の肩を数回さわる

トラベリング


【ルール】
コート上でボールを持ったまま、3歩以上歩いてはいけない
【ジェスチャー】
お腹の前でこぶしを数回まわす

ダブルドリブル

【ルール】
一度ドリブルをやめてボールを持ち、同じプレーヤーが再度ドリブルをしたとき。

【ジェスチャー】
手を前に出し手のひらで軽くたたく

イリーガルドリブル

【ルール】
ドリブル時にボールの下半分を持ってしまったとき。
【ジェスチャー】
手のひらを裏表に交互に振る

バックコート(バックパス)

【ルール】
ボールをバックコートに返してしまったとき。
【ジェスチャー】
フロントコートとバックコートを交互に指さす

キックボール

【ルール】
わざとボールを足で蹴ったり止めたりしたとき。
【ジェスチャー】
自分のつま先を腕で示す

バイオレーション後の攻撃再開時の方向

【ジェスチャー】
サイドラインに平行に指をさす

ヘルドボール・ジャンプボールシチュエーション

【ルール】
ヘルドボールとは、両チームの選手がボールをつかんで、取り合いになったとき「ジャンプボールシチュエーション」となり、スローインでゲームを再開する。なお、オルタネイティングポゼッションアローの向きでスローインが決められ、交互にスローインをしてゲームを再開する。
【ジェスチャー】
親指を立て両手を高らかに上げ、次に再開されている方を指さす

【審判のジェスチャー】ファウル


次はファウルのジェスチャーを見ていきましょう。

イリーガル・ユース・オブ・ハンド

【ルール】
相手チームの選手をたたいたり、不当に手を使うなどのファウルのこと。
【ジェスチャー】
片方の手首をたたく

ブロッキング

【ルール】
相手がボールを持っているいないに関わらず、相手チームのプレーヤーの進行を妨げる体の触れ合いのこと。
【ジェスチャー】
両手を腰につける

過度なひじの振り回し

【ジェスチャー】
肘を後ろへ振る

ホールディング

【ルール】
相手プレーヤーの自由な動き(フリーダムオブムーブメント)を妨げる不当な体の触れ合いのこと。
【ジェスチャー】
手首をつかんで水平に伸ばし、下げる

プッシングまたはボールを持っていない選手へのチャージング

【ルール】
相手チームのプレーヤーを手や体で無理に押しのけたり、押して動かそうとする不当な体の触れ合いのこと。
【ジェスチャー】
両手で押す

ボールを持っている選手へのチャージング

【ジェスチャー】
片方の手のひらをこぶしでたたく

ボールを持っているチームのファウル

【ジェスチャー】
ファウルをしたチームのゴールに向かってこぶしを突き出す

ダブルファウル

【ルール】
両チームの2人のプレーヤーが同じかほとんど同時にファウルをしたとき。
【ジェスチャー】
両手を頭上で交差したり広げたり数回繰り返す

テクニカルファウル

【ルール】
スポーツマンシップとフェアプレー精神に反する振る舞いが故意あるいは繰り返し行われた場合のこと。テクニカルファイルを2つ、あるいはアンスポーツマンライクファウルと1つずつ記録された場合は失格となる。
【ジェスチャー】
両手の平でT字をつくる

アンスポーツマンライクファウル

【ルール】
体の触れ合いによるファウルで、正当なバスケットボールのプレーとは認められないもののこと。アンスポーツマンライクファウルを2つ、あるいはテクニカルファウルと1つずつ記録された場合は失格となる。
【ジェスチャー】
手首をつかんで頭上に上げる

ディスクオリファイングファウル

【ルール】
プレーヤーやベンチにいるメンバーによる、特に悪質でスポーツマンシップに反する行為のこと。ファウルしたプレーヤーやメンバーはゲームが終わるまで自チームの更衣室(ロッカールーム)内に留まるか、コートのある建物から立ち去らなければならない。
【ジェスチャー】
両こぶしを頭上に打ち上げる

【審判のジェスチャー】得点の合図

1得点を認める

【ジェスチャー】
1本指を立てて手首を回転させる

2得点を認める

【ジェスチャー】
2本指を立てて手首を回転させる

3点シュートを放ったとき

【ジェスチャー】
3本指を立てて手を上に伸ばす

3点シュートが成功したとき

【ジェスチャー】
両手で3本指を立てて手を上に伸ばす

得点が無効で認められないとき

【ジェスチャー】
胸の前で両手を交差する

【審判のジェスチャー】時計の合図

バイオレーションなどにより笛を吹いてゲームクロックを止めるまたはスタートしない

【ジェスチャー】
手のひらを上に上げる

ファウルなどにより笛を吹いてゲームクロックを止める

【ジェスチャー】
片方のこぶしを上げ、もう一方の手はファウルした選手の腰当たりを指す

ゲームクロックのスタート

【ジェスチャー】
上げていた手のひらを下に下ろす

24秒または14秒計のリセット

【ジェスチャー】
指を立てて頭上で回す

【審判のジェスチャー】交代・タイムアウトなどの合図

選手交代

【ジェスチャー】
笛を吹きながら顔の前で両手をクロスする

プレイヤーの背番号

【ジェスチャー】
右手または両手で番号を示す。1番から5番までは右手で、6番以降は両手を使う。

交代要員の招き入れ

【ジェスチャー】
手を開き自分の方向へ向けて招く

タイムアウト

【ジェスチャー】
頭の上でT字を作る

確認の合図

【ジェスチャー】
片手の親指を前に立てる

5秒、8秒のカウント合図

【ジェスチャー】
腕を振りながら秒数をカウントする
バスケの審判が笛(ホイッスル)を使う時のポイント
バスケットボールの審判の必須アイテムが笛でホイッスルとも呼ばれます。

笛は首からかけ、プレー中は常に口にくわえておきます。バスケットのプレーはめまぐるしく変わっていきます。笛を口から離してしまうと判断が遅れてしまいますので、気を付けましょう。

また、笛を鳴らすときのコツは、力強く一気に息を吹き込んでキレよく鳴らすこと。会場中にしっかり聞こえる音を鳴らしましょう。

バスケの審判の資格やワッペンとは


出典:公益財団法人日本バスケットボール協会

日本バスケットボール協会(以下JBA)では、公認審判資格制度があり、審判員の認定や養成を実施しています。都道府県ごとのバスケットボール協会や各種連盟で独自に発行していた審判資格が2016年度から統一され、全国共通のライセンス制度がスタートしました。

JBA公認審判ライセンスは上位から順にS級、A級、B級、C級、D級、E級の6段階に分かれています。

JBA公認審判ライセンスを取得すると、取得した全員にワッペンが配布され、審判活動を行う際には必ず左胸につけるというルールがあります。

バスケの審判の服装

JBAの競技規則で、審判のユニフォームについての規定がありますので、必ず守りましょう。

  • 審判用のシャツ
  • 黒色の長ズボン
  • 黒色のソックス
  • 黒色のシューズ

バスケの審判の人数

バスケットボールの審判の人数は、クルーチーフ(主審)1人と、1~2人のアンパイヤ(副審)で構成され、2人制(ツーパーソンシステム)と3人制(スリーパーソンシステム)の場合があります。

プロリーグなどでは死角を減らすために3人制が用いられています。プロ以外の学生の試合などでは、審判員の確保が難しいなどの理由で2人制が用いられることが一般的です。

まとめ

バスケットボールの試合は審判は瞬時に判断が必要なので、今回ご紹介したルールやジェスチャーをしっかり頭に入れて試合に集中しましょう。

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top