【本多真実選手】略歴やプレーの特徴など!

現在、バスケットボール女子日本リーグ(Wリーグ)のトヨタ紡織サンシャインラビッツに所属する本多真実選手は、実はプロ入りか一般就職かでギリギリまで迷っていたそうです。そんな本多選手の略歴やプレーなどを紹介します。

 

本多真実選手選手の略歴など

まずは本多真実選手のプロフィールです。

 

身長:175cm

所属チーム:トヨタ紡織サンシャインラビッツ

背番号:14

ポジション:フォワード

 

略歴

本多選手は奈良県出身で、兄の影響で奈良市立都跡小学校でバスケを始めます。小学校時代にはすでにプロを目指していたそうです。

 

桜花学園高等学校

本田選手は、中学は地元の都跡中学校に進学しましたが、高校に愛知県の名門・桜花学園高等学校を選びます。ここで華々しい活躍を見せ、3年間のうちにインターハイ、国民体育大会、ウィンターカップなど8つの栄冠に輝きました。

 

早稲田大学

高校卒業後は早稲田大学に進学しバスケ部に入部しますが、本多選手によると、高校時代、日本一が当たり前の強豪校で3年間プレーを続けたことで、大学に入ったころはバスケと距離を置こうと考えていたとのことです。それだけバスケの強豪校のプレッシャーは凄まじいものだったようで、チーム内でも仲間を押しのけて勝ち上がらないと試合に出ることができません。そんな経験からバスケを楽しめなくなっていたという話です。しかし、早稲田大学在籍中に、2年生で全日本大学選手権に優勝、2013年の4年時にはユニバーシアード日本代表に選ばれています。ユニバーシアードで14位という成績に終わり、そこで味わった悔しさから「このまま終わるわけにはいかない」とプロ入りの決意を固めたそうです。

 

デンソーアイリス

大学卒業後、本多選手は2014年にデンソーに入社し、デンソーアイリスに入団します。在籍中の2015年にはふたたびユニバーシアード日本代表に選ばれ、世界4位という好成績を残しました。

 

トヨタ紡織サンシャインラビッツ

本多選手は、2016年にデンソーアイリスからトヨタ紡織サンシャインラビッツに移籍しました。

 

本多真実選手のプレーの特徴・プレースタイル

本多選手のプレースタイルは、ご自身ではドライブで勝負するのが持ち前のスタイルとのことです。また、プロ入りしたデンソーアイリスがディフェンスのチームだったため、ディフェンスでも貢献します。

 

まとめ

以上、本多真実選手の経歴などを紹介しました。本多選手によると、今後の目標に日本代表を掲げており、大卒で活躍を見せる栗原三佳選手や伊集南選手に続ける存在になりたいとのことです。本多選手の今後の活躍を期待しましょう。

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. 【バスケ】3x3(スリー・バイ・スリー)とは? 3x3とは、3on3の名称で親しまれた3人制バスケ…
  2. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  3. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  4. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
Return Top