オフィシャルとは?

今回はバスケットボールの専門用語である「オフィシャル」について解説していきます。バスケットボールには「オフィシャルタイムアウト」など多くの専門用語が存在するため、しっかりと覚えることが大切です。ただし、「オフィシャル」はどのスポーツでも重要な役割を持ちます。

 

テーブルオフィシャルズとは?

オフィシャルとは審判のことですが、「テーブルオフィシャルズ」はその審判を補佐する係員のことを指します。またテーブルオフィシャルズのことも含めて「オフィシャル」と呼ぶこともあります。

テーブルオフィシャルズの役割は?

選手や審判の動きを見つつ、タイマーで時間を計ったり、スコアをつけたりといったことを行います。テーブルオフィシャルズがいるおかげで、選手や審判は自分の仕事に集中でき、またバスケの試合をスムーズに進めることができます。

合図機器を鳴らすタイミングは?

合図機器を鳴らす仕事はスコアラーまたはタイムキーパーが行います。

試合開始前:3分前、1分30秒前

第1ピリオド:開始直前

インターバル:インターバルが終わる30秒前

第2ピリオド:開始直前

ハーフタイム:ハーフタイムが終わる3分前、1分30秒前

第3ピリオド:開始直前

インターバル:インターバルが終わる30秒前

第4ピリオド:開始直前

各役割の主な仕事

テーブルオフィシャルズにはスコアラー、アシスタントスコアラー、タイムキーパー、24秒オペレーターの4名がいます。

道具はバスケ専用のオフィシャルセットに加え、タイマーや得点板、筆記用具などが必要です。

詳しいやり方は公益財団法人の日本バスケットボール協会が販売するオフィシャルズマニュアルに載っています。

スコアラーの仕事

スコアを記録し、プレイヤー交代、タイムアウト管理を行います。ポゼッション・アローの操作も行うことがあります。

アシスタントスコアラーの仕事

スコアラーをサポートし、スコアボード操作、ファール回数表示などを行います。

タイムキーパーの仕事

試合時間を計り、ストップウォッチやゲームクロックなどのタイマー機器を操作します。

24秒オペレーターの仕事

24秒計を使い、スタートやストップ、24秒リセットなどの操作を行います。

まとめ

バスケットボールの試合進行において重要な役割を持つ「オフィシャル」、「テーブルオフィシャルズ」について説明させていただきました。

審判・係員をする人はもちろん、プレーヤーや観戦する人にとってもテーブルオフィシャルズの仕事を知ることは大事です。

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. 【バスケ】3x3(スリー・バイ・スリー)とは? 3x3とは、3on3の名称で親しまれた3人制バスケ…
  2. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  3. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  4. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
Return Top