ドリブルテクニックの簡単練習方法を紹介!前編

バスケに欠かせないドリブルテクニックを上達させるには、どんな練習方法が良いですか。

簡単にできる練習やストリートで実践できるテクニックを紹介していきます。

上級者で無い方に特に参考にして欲しいです。

 

ドリブルテクニックが向上する練習方法~前編~

ドリブルテクニックが向上する練習方法を厳選して解説していきます。

ドリブルをつくときは強く

ドリブルをつくときは、出来るだけ強くするように意識して下さい。

強くするほどすぐにボールが跳ね返ってきて、手にくっついている時間が長くなります。

それだけ敵からボールを奪われにくくなるのです。

 

ボールハンドリングを上達させる

ボールハンドリングを上達させるために、ボール回しを練習させて下さい。

ハンドリング技術が向上するとドリブルからシュートにすぐ入ったり、パスを受けてすぐにドリブルしたり出来るようになります。

 

両方で同じ動きをできるようにする

利き手だけではなく、逆の手でもドリブルが出来るようにしましょう。

いつも利き手だけでドリブルしているとディフェンスに見破られてしまい、ボールを奪われる確率が高くなります。

 

フリーの手で相手をブロックする

空いている手で相手をブロックする練習も欠かせません。

動画などを見て、各選手のブロックの間合いなどを確認して下さい。

 

ディフェンスとボールの距離を一定に保つ

ディフェンスはいつもボールをスティールしに来ます。

出来るだけボールに近づけさせないように、体を半身にしてドリブルが出来るよう練習しましょう。

 

常に時間を意識して行う

練習は常に本番を意識していないと意味がありません。

時間を計って、タイムを意識しながら練習して下さい。

また時間を計りながら練習をすると、間延びせず限られた期間で最大限の効果を出せます。

 

上手くならなければ・・・と気負いしない

いきなりプロ選手のようなドリブルは出来ません。

継続していくことが大切ですから、上手くならなければいけないと気負わないようにして下さい。

最初のうちは何度も手からボールが逃げていく事や、ターンしたときにボールが付いてこないと言う事があります。

それでもあきらめずに続けていくなら、着実に力は付いていきます。

 

まとめ

バスケのテクニックを向上させていくには、用語だけを学んでいては意味がありません。

練習を続けていくことで徐々にスキルが上がっていきます。

ドリブルテクニックを付けるための基礎練習を続けていきましょう。

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. 【バスケ】3x3(スリー・バイ・スリー)とは? 3x3とは、3on3の名称で親しまれた3人制バスケ…
  2. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  3. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  4. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
Return Top