スラムダンクのモデルとなったチームや選手を推測する!

未だに伝説のバスケ漫画と言われているスラムダンクには、どんなモデルとなったチームや選手がいたのでしょうか。

ファンなら気になるモデルとなった学校や人物、そして場所について調査してみました。

 

似てる!?スラムダンクのモデルとなったチームや選手は?

スラムダンクのモデルになった高校や選手、またチームについて具体的に調べてみましょう。

これらの背景情報を知っていると、またストーリーがより面白く感じられますよ。

作者が鹿児島出身なので、その地域がモデルになっているのでしょうか。

 

【チーム】

まずモデルとなったチームや高校についての情報です。

湘北高等学校

主人公の花道が通っていた湘北高等学校は、東京にある都立武蔵野北高校がモデルになっています。

この高校は進学校で地域の中でも学力のある高校として有名です。

モデルとなった高校については、熊本や沖縄の高校かと言われたりしていますが違うのですね。

 

海南大附属高校

ルーキーで大活躍した清田が所属していた海南大附属高校のモデル高校はどこでしょうか。

作者が以前に自分で言っていましたが、湘南工科大附属高です。

ちなみに三浦台高校は、神奈川県の三浦臨海高校がモデルです。

 

山王工業高校

湘北高等学校と熾烈なバトルを繰り広げた山王工業高校のモデルは、高校バスケの強豪秋田県立能代工業高校です。

この高校のチームは全国大会で、これまでに50回以上も優勝しているエリートチームです。

日本人初のNBA選手を輩出している高校としても有名です。

 

【選手】

続いてスラムダンクの各登場人物のモデルに注目していきましょう。

桜木花道

桜木花道のモデルはチャールズバークレーです。

一部では型破りなNBA選手であったロッドマンではないかと考えられていますが、作者の井上雄彦氏が否定しているので違うのでしょう。

 

流川楓

スマートなプレーで多くのファンを魅了し続けた流川楓は、マイケルジョーダンがモデルになっています。

バスケットボールの神様と未だに言われている選手です。

 

赤木剛憲

赤木剛憲はその出で立ちから、簡単に誰がモデルか推測できますね。

迫力のある顔立ちとパワフルなプレーで人気だったパトリック・ユーイングです。

 

三井寿

三井寿がバスケを再び始めるシーンで涙した人も多いことでしょう。

彼のモデルはスリーポイントのプロフェッショナルと言われたレジー・ミラーです。

 

宮城リョータ

早くてテクニックのあるドリブルが特徴だった宮城リョータは、ケビン・ジョンソンをイメージさせます。

まとめ

スラムダンクのモデルとなった高校チームや選手を推測すると、もう一回読み返したくなってしまいますね。

実在する場所や人物を参考にしたからこそ、あれだけの感動させる緻密なストーリーが出来たのでしょう。

決して現実の世界では交錯することの無い人物や場所を、自由に組み合わせて物語が出来上がっていくのが漫画の良さですね。

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. 【バスケ】3x3(スリー・バイ・スリー)とは? 3x3とは、3on3の名称で親しまれた3人制バスケ…
  2. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  3. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  4. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
Return Top