バスケで身長高いのは有利?伸びる方法はある?

バスケと言えば長身のスポーツというイメージは強いです。

実際に日本代表の人を見てみると、男性の平均が190cm強もあります。

女性でも176cm程度が平均となるため、一般的な平均とは大きくかけ離れているのです。

では背の低い人が身長を伸ばす方法はあるのでしょうか?

 

バスケをやるだけでも身長は伸びる?

バスケをすれば身長が伸びるという俗説があります。

しかしこれは間違っているもので、いわゆる都市伝説的な話です。

運動をすることで身長が伸びやすい環境を作ることはできますが、絶対に長身になるわけではありません。

そのため俗説を信じているだけでは、決して背を伸ばすことはできないでしょう。

 

身長はほぼ遺伝で決まる?

バスケで重要な位置を占める身長は、ほぼ遺伝で決まると言われています。

ただこれは飽くまでも設計図の段階であるため、実際には大きく成長することもあるのです。

生活環境が大きく影響するため、遺伝情報よりも環境要因から背が伸びるチャンスも十分にあるのを覚えておきましょう。

つまり生活環境を整えることが、背を伸ばすのには重要です。

 

身長が伸びる仕組みと理由は?

身長が大きく伸びるのが第二次性徴を迎える頃です。

この年齢になると成長ホルモンの分泌が活性化されて、身体が大きくなっていくのです。

そのために必要なのは適切な栄養と睡眠になります。

日中にバスケをして疲れて、夜は早く寝るというのは良い環境だと言えるでしょう。

 

身長が伸びる食べ物は?

ではバスケを有利にするために身長を伸ばすのなら、どんな良い食べ物が良いのでしょうか。

基本的に人間の身体に必要な栄養素をまんべんなく取ることが大切です。

それ以外に重視したいのがタンパク質と亜鉛になります。

タンパク質は骨の軟骨細胞を成長させるために必要ですし、亜鉛は成長ホルモンの分泌に関わるからです。

具体的な食材としては納豆やピーナッツなどがおすすめです。

 

牛乳は本当に効果あるの?

昔から牛乳を飲めば身長が伸びるという話があります。

バスケをするのに背が低いからと、毎日牛乳を飲んでいる人もいるかもしれません。

牛乳にはカルシウムが含まれているのですが、このカルシウムは骨を太くするのに効果的な栄養素です。

つまり直接的に関係のある食べ物ではありません。

 

結局はバランスのいい食事がベスト

最終的な結論としては、やはり栄養素を偏りなく取ることが重要になってきます。

タンパク質や亜鉛といったミネラルの他にも、ビタミンなどをしっかりと取るようにしましょう。

成長期だとお肉が食べたいという人も多いですが、野菜や果物なども食べる習慣をつけてください。

好き嫌いをして偏食をしていると、遺伝的には背が伸びる要素があってもそのチャンスを潰してしまいます。

バスケには身長が重要な要素ですから、食事には注意をしましょう。

 

まとめ

バスケと身長についてまとめてみました。

背の高い方が有利なスポーツではありますが、プレイしているだけで伸びることはありません。

それよりも成長期に睡眠と十分な栄養を取り、適度な運動をすることが大切です。

特に食事と睡眠不足には注意をしておくといいでしょう。

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  2. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  3. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  4. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
Return Top