【小野龍猛選手】略歴など。バスケを始めるきっかけは兄弟の存在があったから?

千葉ジェッツのプレイヤーとして活躍する小野龍猛選手は、そのプレースタイルや顔立ちから高い人気があります。

そんな彼の略歴やバスケを始めるきっかけなどを、紹介していきましょう。

 

小野龍猛選手の略歴・プレーの特徴など

では小野龍猛選手の略歴やプレースタイルなどを確認していきましょう。

身長:小野龍猛選手の身長は198cmです。

所属チーム:小野龍猛選手は2013年から千葉ジェッツに所属しています。

背番号:小野龍猛選手の背番号は34です。

ポジション:小野龍猛選手のポジションはパワーフォワードか、スモールフォワードです。

略歴

小野龍猛選手は中学生時代から活躍していた選手でした。

立教新座中学時代には全中にも出場しています。

 

高校:中学時代の実績もあってか強豪チームである、小野龍猛選手は國學院久我山高校へと進学します。

3年生の時にはウィンターカップに進出し、名門洛南高校を相手に52得点を記録したことが有名です。

大学:バスケを始めたきっかけになったお兄さんと同じく、小野龍猛選手も中央大学へと進学します。

2年生の時には2007ユニバーシアードの代表に選出されて、ベスト4という成績を残しています。

この時のユニバーシアードは、いわゆる竹内世代が中心であったため、学生で選出されたのは2人のみでした。

その内の1人に該当しています。

トヨタ自動車アルバルク:大学を卒業した後の小野龍猛選手が、ユニバーシアード代表として同じく学生から選出された寒竹隼人選手が当時所属していたトヨタ自動車に入社します。

3年ほど所属していましたが、2013年から千葉ジェッツに遺跡しました。

千葉ジェッツ:2013年から現在まで、小野龍猛選手が所属するのが千葉ジェッツです。

移籍した翌年には日本代表に選出され、2016年と2017年のシーズンではキャプテンも務めています。

 

プレーの特徴・プレースタイル

小野龍猛選手の身長は198cmと日本人選手の中でも、大型の部類に入ります。

一般的にこの身長の高さであれば、インサイドプレーが得意な選手が多いのですが、意外なことにアウトサイドでのプレーが得意です。

シューターとしての能力が高く、千葉ジェッツの日本人選手では最も得点を重ねています。

 

小野龍猛選手の家族とのヒストリーを簡単に紹介

では小野龍猛選手の家族とのヒストリーを紹介しましょう。

Bリーグの選手としては珍しく吉本興業とマネジメント契約を結んでいたり、意外な一面もある選手です。

 

バスケットを始めるきっかけはお兄さん

日本代表にまでなった小野龍猛選手ですが、実はバスケットを始めるきっかけになったのはお兄さんの影響からです。

お兄さんは小野竜智さんという方で、実は社会人チームの日立で活躍したプレイヤーでした。

竜智さんも中央大学の出身ですから、お兄さんの後を追って入学したとも言えるでしょう。

 

子供が癒しの存在になっているとか

小野龍猛選手は結婚をしていることをSNSでも公表をしています。

さらにインタビュー記事ではお子さんが癒やしの存在になっているという話もされるほど、子煩悩な一面を持っているのです。

 

 

まとめ

人気のバスケットボールプレイヤーである、小野龍猛選手について略歴などをまとめてみました。

日本人選手としては大きな身体ですが、アウトサイドからシューターとしての活躍を見せています。

闘志あふれるプレーをする選手ですが、その反面で子煩悩な一面も持っているのが魅力でしょう。

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  2. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  3. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  4. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
Return Top