【NBA】デトロイト・ピストンズとは?選手も紹介!

NBAで最も古いチームの一つが、このデトロイト・ピストンズです。NBAの歴史を語るのに欠かせないチームだと言えるでしょう。それだけ、たくさんの名選手を輩出してきましたし、多くのファンに愛されてきました。どんなチームなのか、どんな選手がいるのかを見てみましょう。

デトロイト・ピストンズとは

デトロイト・ピストンズは1941年創立と、NBAで最も歴史のあるチームです。優勝経験はNBAで三回、全身のNBL時代に2回あります。デトロイトに本拠地を置いていて、自動車産業がさかんなこの地の象徴であるピストンをチーム名に加えています。

デトロイト・ピストンズの歴史

デトロイト・ピストンズはNBAの創立にも関わっている、伝統的なチームです。1940年代からチームの経営難などを乗り越えて、選手とコーチ陣、ファンが一体となって戦ってきたという歴史があります。そのため、90年代後半にはチームが低迷してしまいましたが、粘り強い力を見せ、後に再び強豪チームとして復活しています。特に2003年以降、ラリー・ブラウンという名コーチを迎えて、チームの総合力が飛躍的に伸びました。

デトロイト・ピストンズのあれこれ


デトロイト・ピストンズのユニフォームは、赤、白、青を基調としたものです。デトロイトという地域そのものが、このカラーリングによって見分けられることもあり、チームとホームが一体となっているのがよく分かります。チームの不振や財政難なども何回も経験しているチームで、それだけ地元のファンの愛着が強いチームとして知られています。

現役の選手を紹介

現役選手としては、ブレイク・グリフィン、アンドレ・ドラモン、スタンリー・ジョンソンなどの有名選手がいます。センターを中心に、好きのないポジショニングとなっていて、ディフェンス、オフェンス共にバランスの取れた布陣を敷いています。チームのロスターとしては、ケガを抱える選手などがいるという点もありますが、全体的に安定していると言えるでしょう。

永久欠番は?

デトロイト・ピストンズの永久欠番としては、10番のデニス・ロッドマンや2番のチャック・デイリーなどがいます。チャック・デイリーに関してはコーチとしての永久欠番であり、その名コーチぶりはチームの勝利を支えた大きな力となりました。

 

殿堂入りの選手は?

ラリー・ブラウンが殿堂入りした監督メンバーとして有名です。NBAの歴史に名を刻む貢献をしました。

まとめ

歴史の長いデトロイト・ピストンズは、NBAの歴史そのものと言ってもいいほどのチームです。数々の問題を乗り越えてきたチームだけに、粘り強さとファンの愛は非常につよいものがあります。

 

関連記事

オススメの記事

  1. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  2. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  3. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  4. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
Return Top