24秒ルールとは?初心者にもわかりやすく解説!

バスケのルールの中には24秒と呼ばれるものがあります。

時間に関するものはいくつかあるのですが、その中でも特に複雑だとされていますので、初心者でもわかりやすく解説をしていきましょう。

 

24秒ルールとは?

ではバスケの24秒ルールとはなんでしょう。

別名をショットクロックとも言います。

端的にお伝えをしますと、自分たちが攻撃をする時は決まった秒数以内にシュートを打たなければいけないルールです。

試合のスピード感を出すためのルールで、パス回しなどで時間稼ぎができないようになっています。

仮にシュートを打てなかった場合は、攻撃権が相手チームに移るので覚えておくといいでしょう。

 

シュートさえれたボールがリングに当たらなかった場合は?

ではケース別にバスケの24秒ルールを考えてみましょう。

まずシュートをした時に、ボールがリングに当たらなかった場合はどうなるのでしょうか。

これも基本的にはどちらがボールを支配したいかで、リセットされる秒数が異なります。

リングに触れずにそのままラインアウトした場合などは、相手側に攻撃権が移るため完全に時間はリセットされるのです。

しかし相手に触れた後にラインアウトしたというケースでは、攻撃権がオフェンス側のままで継続するため14秒になります。

 

ファンブルボールの間は時間は止まる?

オフェンス側がファンブルしてしまった、ディフェンスにあたってルーズボールになったなどの場合は、どういう扱いになるのでしょうか。

バスケの24秒ルールでは、こうした時にクロックは継続したままとなるのです。

その理由はシンプルで、どちらがボールを支配するのかわからないからです。

オフェンス側がそのままルーズボールを拾った場合に、リセットしていると再び0からのカウントになってしまいます。

それまでの時間分丸々得をすることになるため、基本的には時計を止めることなく継続されるのです。

ディフェンス側がボールを支配して、攻撃権が移った時にはリセットされて再びカウントが始まる仕組みです。

 

そのほかの〇〇秒ルールはどんなルール?

他にもバスケには秒数に関するルールがあります。

色々と違いがあるため、24秒ルールと合わせて覚えておくといいでしょう。

 

3秒ルール

3秒ルールとはフリースローのレーンで囲まれたエリア内に、オフェンス側が3秒以上とどまっていけないというものです。

バスケでは24秒ルールと同様に有名なものなので覚えておきましょう。

 

5秒ルール

バスケには5秒ルールもあります。

これはオフェンス側のプレイヤーがボールを持って止まれる時間のことです。

他にもスローインを5秒以内、フリースローも5秒以内でなければいけません。

24秒ルールと違って滅多にコールされることはないでしょう。

 

8秒ルール

8秒ルールもバスケにはあります。

このルールはシュートを決められて試合を再開する時に、スローインでボールがコートに入ってから8秒以内にセンターラインを超えないといけないものです。

こちらも24秒ルールほど出るものではないですが、相手がオールコートでプレッシャーをかけてきた時には注意しましょう。

 

 

まとめ

バスケの24秒ルールについてまとめました。

基本的にオフェンス側が取られるもので、ルーズボールになっても時計が止まらないことを覚えておくといいでしょう。

他にも秒数ルールはありますが、すべてオフェンス側に適用されるものばかりです。

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top