バスケのスリーピートとは?意味や過去のスリーピートを紹介!

バスケットの世界でスリーピートを達成するということは大変誇らしく、偉大である証明になります。過去にもいくつかのチームがこの偉業を成し遂げてきましたが、ここではスリーピートの意味から、過去スリーピートを達成したチームなどをご紹介いたします。

そもそもスリーピートとは?

そもそもスリーピートとは、バスケの本場NBAにおけるシーズンを3連覇することを指します。NBAは本場ですので当然強いチームがひしめき合っており、優勝するのも大変なことです。ましてや連覇、更にはスリーピートなどということは、かなりの強さと安定性が必要なことですので、スリーピートは偉大な記録なのです。

 

スリーピートの意味と起源

スリーピートの語源は、英語の”スリー”(3)と”リピート”(repeat)を掛け合わせた言葉で、その語源の通り”3回繰り返す”、つまり3回連続でシーズン優勝を果たすという意味になっています。

 

NBAで過去にスリーピートを達成したチームは?

過去にNBAでスリーピートが達成されたのは4回ありました。一番最初は、1960年代のボストン・セルティックスでした。そしてそこからしばらくの間スリーピートは出ませんでしたが、1990~1993年に シカゴ・ブルズが約30年ぶりとなるスリーピートを達成、その強さは衰えず、1996~1998年には再びシカゴ・ブルズがスリーピートを達成しました。ブルズが達成した2回のスリーピートは、バスケットボールの神様と呼ばれる マイケル・ジョーダンが在籍していたことでも知られています。そして最後は2000~2002年のロサンゼルス・レイカーズがスリーピートを達成しました。

これからスリーピートになりそうなチーム

2002年以降、長い間スリーピートを達成したチームはありませんでしたが、現在スリーピート達成目前のチームがあります。

ゴールデンステート・ウォリアーズがスリーピート目前!

2018-2019シーズン現在、スリーピートに王手をかけているのがゴールデンステート・ウォリアーズです。2016年から2シーズン連続でシーズン優勝を成し遂げており、あと1シーズンでスリーピート達成というところまで来ています。

まとめ

スリーピートはNBAの長い歴史でもまだ4度しか達成されていないとても難しい偉業ですが、今まさにゴールデンステート・ウォリアーズがその偉業に挑戦しています。今シーズンのゴールデンステート・ウォリアーズからは目が離せません。

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top