【NBA】ブルックリン・ネッツとは?選手も紹介!

熱狂的なブルックスファンが多いブルックリン・ネッツは、ABA時代から続く歴史が古いチームです。魅力的な選手をたくさん送り出していて、NBA優勝こそないもののファンの人気が高いところでもあります。そんなチームの魅力に迫ります。

ブルックリン・ネッツとは

ニューヨーク・ブルックリンを本拠地とするNBAチームです。NBA優勝経験はありませんが、ディヴィジョン優勝は4回果たしています。地元ファンからの熱烈な支持を受けていて、前列のチケット購入が難しいこともあります。

ブルックリン・ネッツの歴史

ブルックリン・ネッツは、ABA時代から存在しているチームで1967年に創立されています。創立からしばらくはなかなか戦績がふるわず、人気もそれほど高くはありませんでした。その後、ニューヨークからニュージャージーにチーム移転をするなどの変遷をして、ブルックリンに本拠を構えるようになっています。チームの建て直しを図るために、トレードやドラフトを強化して、有力選手を入れるようにしています。

ブルックリン・ネッツのあれこれ

他のチームよりも若干選手の入れ替えが多いところですので、年代ごとにトッププレーヤーが変わっているという特徴が見られます。それだけ、主力選手となるプレーヤーの引き抜きに苦労しているところだとも言えます。若手の育成にも注目したいところです。

現役の選手を紹介

現役の登録選手としては、カリス・レヴァートやデマール・キャロル、スペンサー・ディンウィンディーなどがいます。アメリカ全土からドラフトや若手を集めていて、チームの層が多岐にわたっています。

永久欠番は?

このチームの永久欠番はいくつもあり、ジェイソン・キッドの5番や、ジョン・ウィリアムソンの23番などがあります。90年代のチームを支えた選手が特に永久欠番としてマークされていることが多い傾向にあります。

殿堂入りの選手は?

ブルックリン・ネッツから殿堂入りした人としてはチャック・デイリーがいます。彼は選手としてではなくコーチとしてブルックリン・ネッツで活躍していました。新しいバスケ戦術を編み出すなど、革新的なコーチ業を成し遂げ、アメリカのドリームチームを作り上げた功労者でもあります。

まとめ

NBA全体の戦績としてはそれほど目立たないものの、地元からの人気が高いのがブルックリン・ネッツです。伝説的なコーチの在籍などによって、チームの力を付け、これからの順位にも注目が集まります。

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top