【馬場雄大選手】略歴など!高校・大学は!?

馬場雄大選手は、高い身体能力を生かしてパワフルなプレーを見せてくれるスター選手です。NBAにも手が届く存在ということで、これからにも期待がかかります。そんな馬場雄大選手のプロフィールなどを見てみましょう。

馬場雄大選手の略歴など

身長:198㎝

所属チーム:アルバルク東京

背番号:6番

ポジション:スモールフォワード

バッシュ:ズームKD10

プレーの特徴・プレースタイル:

馬場雄大選手の体格は、バスケ選手としては中の上というところです。がっしりとした体格と、驚異のジャンプ力と瞬発力を持っているのが特徴です。その抜け出た身体能力を生かして、豪快なダンクを見せてくれるのが魅力です。

略歴

富山第一高校:父がコーチを務める富山第一高校で2年生からエースとして活躍しています。ウィンターカップにも出場してその実力を全国に見せつけました。

筑波大学:すでに大学1年生の時からメンバーとして出場して、インカレ2連覇を達成しています。

アルバルク東京:大学卒業する前にすでにアルバルク東京と契約して、プロバスケ選手として活躍を始めました。怪我などの心配もありましたが、コンスタントに試合に出場してパワフルなプレーを見せています。

日本代表:高校1年生の時に日本代表として選出されて以来、ずっと日本バスケ界を代表するプレイヤーとなっています。

馬場雄大選手が着用しているバッシュは!?

NIKE(ナイキ)ズームKD10

プロバスケ選手が多く愛用していているズームKD10を、馬場雄大選手も使用しています。素晴らしいホールド感と適度なソールの厚みで、思うようにステップを踏めるのが魅力です。また、デザインもかっこよく、人気の高いバッシュです。

馬場雄大選手はスケールの大きさからBリーグからのNBA入りも期待される

身体能力が非常に高く、豪快なプレーをすることができる選手です。得点力もボールキープ力も高いので、一人でも局面を変えられる力を持っていますし、チームを引っ張るカリスマもあります。豪快なプレーが売りですが、細かなドリブルテクニックやスピードなどは、その体格からは想像できないほどで、NBAでも通用できる実力を持っています。こうしたことから、これからは日本を飛び出て海外チームへ移籍をするのではないかという噂が常にある選手です。

まとめ

見る人を魅了する豪快なプレーが自慢の馬場雄大選手は、NBA選手として活躍できる実力を持っています。これからのプレーと、活躍の場に注目が集まっています。

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top