【バスケ】ハンドリングとは?練習の効果や指先の使い方を紹介!

バスケのハンドリングについて、ハンドリング力の練習方法やその効果を説明します。一見、いろんな種類の名前があるように思えるかもしれませんが、練習していくとポイントはシンプルなことがわかります。ぜひ参考にしてみてください。

 

ハンドリングとは?

ハンドリングとは、ボールを自由自在に操る能力のことです。ハンドリングが上達することでどのような効果があるか以下で説明します。

 

ハンドリング練習をするとどんな効果がある?

バスケにはドリブル、パス、シュートなどボールを操る必要のあるプレーばかりですが、これらの精度を決めるのがハンドリング力です。つまり、ハンドリング練習によって力が付けば、確実にバスケが上手になります。逆に言えば、ハンドリング力が不十分ではすぐに行き詰まってしまうということです。nba選手ももれなくやっている練習ですので、ぜひ意識的に取り組んでみてください。

 

ハンドリングに必要な指先のトレーニング方法は?

materials

次に、ハンドリング力の向上に必要なトレーニング方法を説明します。

 

指先をボールになじませる

ハンドリング力を高めるには、ボールの感触を指先にしっかりなじませることが大切です。ボールがなじんでくれば、縫い目の位置や傷の多さまですぐにわかるようになります。こうした繊細な感覚があってこそ細かな技術ができるようになりますので、手袋など使わず素手でボールの感触をしっかり確かめてください。

 

フィンガーティップ

フィンガーティップとは、指先だけでボールを速く細かく動かす練習のことです。フィンガーティップをすることで、ドリブル、パス、シュートなどあらゆるプレーの精度が高まります。数をこなすほど上達するので、ぜひ練習に取り入れてください。

 

ボールを見ずにドリブル

バスケの試合中は、ボールだけでなく周りの状況を把握しながらプレーする必要があります。ですので、練習中もボールをあまり見ないように意識してみましょう。ボールをまったく見ないで練習できるようになれば、試合でも確実に役立ちます。

 

指ドリブル

指ドリブルとは、指を1本ずつ切り替えながらドリブルすることです。5本の指すべて使って、指先まで神経を研ぎ澄まして丁寧にドリブルしましょう。利き手でない手での指ドリブルは難しいですが、両手をバランスよく鍛えるのに効果的です。

 

まとめ

以上、ハンドリング練習の効果と、ハンドリング力をつけるための練習方法についてお伝えしました。どれも室内で一人でできる練習なので、ふだんからぜひ練習に取り入れてみてください。

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  2. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  3. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  4. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
Return Top