【バスケ】かっこいい技が簡単にできる?練習方法を紹介!

バスケは見ていてもとてもかっこいいスポーツですので、どうせならかっこいい技も覚えたいものです。そして、かっこいい服、かっこいいユニフォームで決めて、みんなから憧れられるような選手になりましょう。どんな技があるかご紹介しています。

バスケ初心者が覚えたいかっこいい技

初心者でも練習すれば簡単に覚えられる技もありますので、まずはこんなテクニックから練習してみると良いでしょう。

【ビハインド・ザ・バック】

いろいろな技の中でもかっこいい言葉で、背中の後ろでドリブルをして、相手を抜くというテクニックです。すごくインパクトのある技ですので、確実に決められるように腕の振りや、ボールを受ける方の手の感覚を何回も練習して確かめることが大事です。

【レッグスルー】

股の下でボールをクロスさせて相手を抜くというテクニックとなります。相手の手が届かないところでクロスできますし、不意を衝くことができますので、鮮やかに抜けるのが魅力です。フェイントと一緒に組み合わせてプレーすることで、成功率が高くなります。

【インサイドアウト】

左右にフェイントをかけて相手を抜くという技ですが、片手でボールをコントロールするのが特徴です。シンプルな動きですが、とても効果的で試合でも多用されます。肩の動きや手首の素早い返しが重要なので、スピーディーにできるように練習を繰り返しましょう。

【ロッカーモーション】

左右の動きが多いのがバスケのフェイントですが、このロッカーモーションは前後にフェイントかけるというテクニックです。相手ディフェンスがしっかりとゾーンに入っている時などに、壁を突破するのに有効な技です。

【ダブルクラッチ】

レイアップシュートに入ってジャンプしている時に、相手がディフェンスに来た時、相手をかわすのがダブルクラッチです。かなりの滞空時間とボディーバランスが必要となりますので、簡単ではありませんが決まると最高にかっこいいです。

【ユーロステップシュート】

左右にステップを踏んでからシュートするというテクニックです。シュートのタイミングをずらしてフェイントをかけられるので、ディフェンスを交わすのに役立ちます。

【フィンガーロール】

レイアップをする時に、ボールに回転をあえてかけることで、ボードに当たった時にリングに確実に入れるというものです。きつい姿勢からシュートする時などに良く用います。

まとめ

こうしたかっこいい技も、練習なしにはできません。地道に腕や手首の腕を確認しながら反復練習をして、確実に決められるようにしましょう。

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top