ゴールテンディングとは?英語ではどう書く?審判のジェスチャーも紹介!

プロのバスケの試合で適用されることがあるゴールテンディングとは一体なんでしょうか。

英語の意味や審判のジェスチャーについても調べてみました。

 

ゴールテンディングとは?わかりやすく解説!

ゴールテンディングとは、シュートをしたボールがまだリングよりも上のポジションにあって、リングに向けて落ち始めているときにボールに触れるバイオレーションを意味します。

 

英語ではgoaltendingと書くので覚えておきましょう。

ゴールテンディングは、オフェンスがシュートをしたボールがリングに入らないように妨げることを防ぐルールです。

 

このゴールテンディングはシュートされたボールが、一番高い最高到達点に向かっている間は適用されません。

シューターがシュートし始めには適用されないのです。ではいつから適用されるのでしょうか。

 

いつからゴールテンディング判定がされる?

ボールが最高到達点を過ぎて、リングに向かって落ち始めているときからゴールテンディング判定がなされます。

もしゴールテンディングがカウントされると、オフェンス側へ得点が加点されますよ。

オフェンス側が誤ってボールに触れてしまうとターンオーバーがカウントされます。

ターンオーバーですから、ディフェンス側へ攻撃権が移りゲームが再開されるのです。

 

 

ゴールテンディングとインターフェアの違い

ゴールテンディングは最高到達点からリングに向かっている間のボールに触れたときに適用されます。

一方、インターフェアはリングやバックボード、そしてネットなどにタッチしてシュートの邪魔をした場合に適用されます。

 

勘違いしやすいのがアリウープですが、アリウープはパスに分類されるのでゴールテンディングは適用されません。

リバウンドの際はゴールテンディングしやすいので気を付けましょう。

 

ゴールテンディングの審判のジェスチャーは?

ゴールテンディングの審判のジェスチャーに関しては、ノーカウントやカウントのジェスチャーを使います。

このファウルについての特別なジェスチャーはありません。

ファウルがカウントされた後に、何のファウルだったのか審判が教えてくれるので安心して下さい。

 

まとめ

ゴールテンディングは中学生や高校生のバスケの試合では、ほとんどコールされることがありません。

しかし、国内のプロリーグやNBAではよく適用されるルールです。

ゴールテンディングについて知っておくと、よりプロの試合への理解が深まるでしょう。

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  2. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  3. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  4. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
Return Top