ゴールテンディングとは?英語ではどう書く?審判のジェスチャーも紹介!

プロのバスケの試合で適用されることがあるゴールテンディングとは一体なんでしょうか。

英語の意味や審判のジェスチャーについても調べてみました。

 

ゴールテンディングとは?わかりやすく解説!

ゴールテンディングとは、シュートをしたボールがまだリングよりも上のポジションにあって、リングに向けて落ち始めているときにボールに触れるバイオレーションを意味します。

 

英語ではgoaltendingと書くので覚えておきましょう。

ゴールテンディングは、オフェンスがシュートをしたボールがリングに入らないように妨げることを防ぐルールです。

 

このゴールテンディングはシュートされたボールが、一番高い最高到達点に向かっている間は適用されません。

シューターがシュートし始めには適用されないのです。ではいつから適用されるのでしょうか。

 

いつからゴールテンディング判定がされる?

ボールが最高到達点を過ぎて、リングに向かって落ち始めているときからゴールテンディング判定がなされます。

もしゴールテンディングがカウントされると、オフェンス側へ得点が加点されますよ。

オフェンス側が誤ってボールに触れてしまうとターンオーバーがカウントされます。

ターンオーバーですから、ディフェンス側へ攻撃権が移りゲームが再開されるのです。

 

 

ゴールテンディングとインターフェアの違い

ゴールテンディングは最高到達点からリングに向かっている間のボールに触れたときに適用されます。

一方、インターフェアはリングやバックボード、そしてネットなどにタッチしてシュートの邪魔をした場合に適用されます。

 

勘違いしやすいのがアリウープですが、アリウープはパスに分類されるのでゴールテンディングは適用されません。

リバウンドの際はゴールテンディングしやすいので気を付けましょう。

 

ゴールテンディングの審判のジェスチャーは?

ゴールテンディングの審判のジェスチャーに関しては、ノーカウントやカウントのジェスチャーを使います。

このファウルについての特別なジェスチャーはありません。

ファウルがカウントされた後に、何のファウルだったのか審判が教えてくれるので安心して下さい。

 

まとめ

ゴールテンディングは中学生や高校生のバスケの試合では、ほとんどコールされることがありません。

しかし、国内のプロリーグやNBAではよく適用されるルールです。

ゴールテンディングについて知っておくと、よりプロの試合への理解が深まるでしょう。

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケは見ていてもとてもかっこいいスポーツですので、どうせならかっこいい技も覚えたいものです。そして…
  2. バスケ初心者に役立つ練習メニューと方法をご紹介していきます。また練習場所に困っている人のために家でも…
  3. バスケのディフェンスにおけるテクニック「ハーキーステップ」について紹介します。そのやり方、練習方法、…
  4. ジャンプシュートを確実に決められるようになりたい。 空中でのボールコントロールスキルを高めたい…
Return Top