アンスポーツマンライクファウルの意味とは?ファールとの違いなど

Materials

バスケットボールの試合を観戦していると、時々「アンスポーツマンライクファウル」というファウルが宣告されることがあります。このアンスポーツマンライクファウルは通常のファウルとどのような違いがあるのかについて解説いたします。

 

アンスポーツマンライクファウルとは

アンスポーツマンライクファウルとは、英語を訳すとスポーツマンらしくないファウルということになります。通常のファウルとは異なり、意図的に相手選手と接触するなどしてファウルを引き起こした場合などに該当します。

 

このファウルは過去の変更を含めて現在5つのクライテリアが設定されており、ファウルが発生した場合、審判のジェスチャーは、右手を握った状態で左手で右手首を掴み、頭上に上げます。ちなみにこのファウルはミニバスでも同様に適用されます。

 

他にはどのようなファウルが存在する?

アンスポーツマンライクファウルのほかに、一般的によく知られているファウルとして挙げると、相手選手を押す行為で取られるプッシング、相手選手を抱えるなどして行動の自由を妨げる行為で取られるホールディングなどが有名です。

他のファウルとの違い

アンスポーツマンライクファウルと他のファウルの棲み分けとしては、意図的にファウルを起こした場合に取られるファウルがアンスポーツマンライクファウル、故意ではなく正当な努力により結果としてファウルとなってしまった場合は他のファウルになります。

退場について

アンスポーツマンライクファウルは2段階のレベルが設定されており、審判がレベルを判断します。レベル2だった場合は一発退場となり、場合によっては出場停止処分が課されることもあります。レベル1だった場合は、1回は普通のファウル扱いですが、2回目は退場処分になってしまいます。

テクニカルファウルの違いは?

テクニカルファウルとは、審判や相手チームなどへの無礼な態度や言動、暴力、遅延行為などを行った場合に取られるファウルです。

アンスポーツマンライクファウルとテクニカルファウルの違いとしては、テクニカルファウルは接触がない場合のファウルだということです。

テクニカルファウルも2回取られると退場処分となり、またアンスポーツマンライクファウルと合算カウントになりますので、それぞれのファウルを1回ずつ取られると退場処分となってしまいます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。アンスポーツマンライクファウルは、正々堂々戦わない悪意のある行為を行った場合に取られるファウルとなります。このファウルを取られることは決して良いことではありませんので、バスケットボールを行う方はアンスポーツマンライクファウルを取られないよう心がけましょう。

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top