アンスポーツマンライクファウルの意味とは?ファールとの違いなど

Materials

バスケットボールの試合を観戦していると、時々「アンスポーツマンライクファウル」というファウルが宣告されることがあります。このアンスポーツマンライクファウルは通常のファウルとどのような違いがあるのかについて解説いたします。

 

アンスポーツマンライクファウルとは

アンスポーツマンライクファウルとは、英語を訳すとスポーツマンらしくないファウルということになります。通常のファウルとは異なり、意図的に相手選手と接触するなどしてファウルを引き起こした場合などに該当します。

 

このファウルは過去の変更を含めて現在5つのクライテリアが設定されており、ファウルが発生した場合、審判のジェスチャーは、右手を握った状態で左手で右手首を掴み、頭上に上げます。ちなみにこのファウルはミニバスでも同様に適用されます。

 

他にはどのようなファウルが存在する?

アンスポーツマンライクファウルのほかに、一般的によく知られているファウルとして挙げると、相手選手を押す行為で取られるプッシング、相手選手を抱えるなどして行動の自由を妨げる行為で取られるホールディングなどが有名です。

他のファウルとの違い

アンスポーツマンライクファウルと他のファウルの棲み分けとしては、意図的にファウルを起こした場合に取られるファウルがアンスポーツマンライクファウル、故意ではなく正当な努力により結果としてファウルとなってしまった場合は他のファウルになります。

退場について

アンスポーツマンライクファウルは2段階のレベルが設定されており、審判がレベルを判断します。レベル2だった場合は一発退場となり、場合によっては出場停止処分が課されることもあります。レベル1だった場合は、1回は普通のファウル扱いですが、2回目は退場処分になってしまいます。

テクニカルファウルの違いは?

テクニカルファウルとは、審判や相手チームなどへの無礼な態度や言動、暴力、遅延行為などを行った場合に取られるファウルです。

アンスポーツマンライクファウルとテクニカルファウルの違いとしては、テクニカルファウルは接触がない場合のファウルだということです。

テクニカルファウルも2回取られると退場処分となり、またアンスポーツマンライクファウルと合算カウントになりますので、それぞれのファウルを1回ずつ取られると退場処分となってしまいます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。アンスポーツマンライクファウルは、正々堂々戦わない悪意のある行為を行った場合に取られるファウルとなります。このファウルを取られることは決して良いことではありませんので、バスケットボールを行う方はアンスポーツマンライクファウルを取られないよう心がけましょう。

 

関連記事

オススメの記事

  1. シューズ選びで困ったことやわからないことはありませんか? 例えば、いつも靴擦れをしてしまう、足が痛…
  2. ねんざのリスクが高まる要因とは? 足のねんざが発生する原因の1つとして、小出敦…
  3. プロテインの美味しい飲み方や初心者でも簡単なレシピ集、おすすめ商品をご紹介します。今回はパーソナルト…
  4. スポーツをやっている方はテーピングをうまく使って怪我の予防や悪化などに備えたりすると思います。テーピ…
Return Top