【バスケ】アキ・チェンバース 選手の魅力は?経歴も紹介!

年々観客動員数が増加している千葉ジェッツ。

その中でも、恵まれた体格から繰り出される豪快なダンクが人気のアキ・チェンバース選手とはどのような選手なのでしょうか。

ここでは、アキ・チェンバース選手の魅力や、経歴について詳しくご紹介します。

アキ・チェンバース選手のプロフィール

出典:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AD%E3%83%BB%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9

シューティングガード兼スモールガードとして活躍しているアキ・チェンバース選手のプロフィールについてみてみましょう。

身長・体重・足のサイズ

身長は190㎝、体重は85㎏です。

足のサイズについての情報は残念ながら見つかりませんでした。

アフリカ系アメリカ人の父と日本人の母をもち、バスケ選手としてたいへん恵まれた体格です。

同チームの選手たちの中でも比較的身長が高く、堅い守りと攻めを速攻で繰り広げるスタイルが魅力の千葉ジェッツに見事にマッチしています。

出身校

出身校は、カリフォルニア大マーセド校です。

大学入学当初、バスケットボール部はありませんでしたが、友人たちとともに大学側へバスケ部設立を掛け合ったようです。

NAIAリーグ加入のための書類作成、コーチ獲得なども行い、大学におけるバスケ部設立メンバーとなっています。

略歴

マーセド校バスケ部に在籍中にカリフォルニア・パシフィックカンファレンス・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれるなどし、その活躍が当時の東三河フェニックスの目に留まり、プロバスケ選手への道を進みます。

2014年には日立サンロッカーズ東京(現在のロッカーズ渋谷)へと移籍し、その後2016年には主力選手として活躍。

2017年オフに、現在在籍している千葉ジェッツへと移籍しました。

日本代表歴は?

アキ・チェンバース選手は2017年に発表された日本代表予備登録メンバーです。

ワールドカップのアジア予選予備メンバーはたった24人の狭き門です。

千葉ジェッツらしいトランジション主体となる派手なゲーム展開。

これの要となるアキ・チェンバース選手のパフォーマンスを、代表選考者もしっかり評価していたのでしょう。

アキ・チェンバース選手が所属しているチームは?

上記でもご紹介している通り、アキ・チェンバース選手は千葉ジェッツふなばしに所属しています。(呼称は千葉ジェッツ)

千葉ジェッツふなばしはB.LEAGUE所属のプロバスケットボールチームです。

千葉県船橋市をホームタウンとし、船橋アリーナをホームアリーナに定めています。

アキ・チェンバース選手に兄弟はいる?

アキ・チェンバース選手の兄弟の有無についての情報は見つかりませんでした。

アフリカ系アメリカ人の父と日本人の母をもつアキ・チェンバース選手は日本国籍をもつ日本人選手ですが、幼少期からアメリカで育ってきたため、日本語は勉強中とのことです。

渡日は本人のみのようですが、もしかしたらアメリカにご兄弟がいらっしゃるかもしれませんね。

アキ・チェンバース選手はTwitterをしている?

アキ・チェンバース選手はTwitterをしていません。

しかし千葉ジェッツのTwitterの中で、アキ・チェンバース選手に関するものが多く見つかりました。

Twitterはしていませんが、インスタグラムはしているようです。

同チームの選手との旅行や食事風景、家族写真などを頻繁に投稿しており、プライベートな一面を垣間見ることができます。

アキ・チェンバース選手の魅力は?

恵まれた体格ゆえの高い身体能力、タフなディフェンスと素早い機動力が魅力です。

シューターにも様々な役割が求められますが、ディフェンスをベースとしたハードワークができるアキ・チェンバース選手は、堅実なパフォーマンスができると評価されています。

自分のプレーに一喜一憂しない寡黙さ、フィジカル面の強さも魅力といえるでしょう。

まとめ

アキ・チェンバース選手はアメリカカリフォルニア出身のプロバスケットボール選手です。

日本国籍を有しており、日本人選手として千葉県船橋市に本拠地を置く千葉ジェッツに所属しています。

 

一般的なプロバスケ選手へのキャリアを辿ってきたわけではありませんが、その恵まれた体格から生み出させる堅実なパフォーマンスが評価され、日本代表予備登録メンバーにも選ばれました。

今後、更なる活躍が楽しみなプロバスケ選手の一人といえるでしょう。

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  2. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  3. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
  4. 元U16日本代表コーチ/富樫英樹の指導論 昨年の夏、創部5年で全国制覇を達成し、今年の…
Return Top