NBAポジション別最強選手は?~シューティングガード編~

nbaの最強チームには常に最強センターなど最強のメンバーが存在します。そこで、ここではnbaの歴代シューティングガードで最強と恐れられる選手をランキング形式で紹介しましょう。

 

シューティングガードとは

シューティングガードとは、外からのシュートをおもに狙う役割のポジションです。3ポイントシュートはもちろん、シュートと見せかけドライブで切り込むなどのプレーもします。

 

NBAシューティングガード最強選手ベスト4

それでは、NBAのシューティングガード最強プレイヤーの最強ランキングを紹介します。

 

4位:カイル・コーバー

出典:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC

カイル・コーバーは3ポイントシュートの名手として知られています。昨シーズンは、3ポイントシュートで49.5%というとんでもない成功率を記録したように、どこからでもシュートが打てるのが強みです。

 

3位:クレイ・トンプソン

出典:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%97%E3%82%BD%E3%83%B3

第3位は2011年にゴールデンステイト・ウォリアーズに入団したクレイ・トンプソンです。ステフィン・カリーとの最強コンビとしても有名ですが、このデュオを比べると、カリーが自らチャンスを作るタイプ、トンプソンがスクリーンを使ってパスを受けてシュートを決めるタイプと言えるでしょうか。ある試合では、わずか30分間で60得点を記録したこともあるほどの最強スコアラーぶりです。

 

2位:コービー・ブライアント

出典:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88

ブラックマンバのニックネームを持つコービー・ブライアントは、高い得点能力に加え、ゴールへの強い執着心でもNBAトップクラスの選手です。高校時代から注目され、全米の大学からスカウトが押し寄せていましたが、ケビン・ガーネット選手の高卒でのNBA入りに触発されて、コービーも高校からすぐNBAに入りました。

 

1位:ジェームズ・ハーデン

出典:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3

1位は髭がトレードマークのジェームズ・ハーデンです。その風貌に加えて、緩急を駆使した攻撃で「オフェンスの鬼」とも呼ばれています。ディフェンスが苦手という弱点はありますが、得点能力は1試合平均30点を超えるほどで、まさに鬼のようにシュートを決める最強選手です。

 

まとめ

以上、NBAのシューティングガードで最強との呼び声の高い選手を紹介しました。個人の独断と偏見によるランキングではありますが、ここに登場した選手は間違いなく最強の称号にふさわしい選手です。NBAが最近気になり始めた方は参考にしてください。

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. 【バスケ】3x3(スリー・バイ・スリー)とは? 3x3とは、3on3の名称で親しまれた3人制バスケ…
  2. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  3. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  4. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
Return Top