3×3とは?五輪の新競技3人制バスケの特徴・ルールを紹介!前編

Pic

 オリンピック競技にも追加された3×3は、少人数でも楽しくプレーできるシステムで、世界中で広がっています。ストリート性が強いという側面もありますが、みんなが楽しめる競技ですので用チェックです。そのルールや特徴を確認してみましょう。

 

3×3独自の特徴を紹介!

3×3は大まかに言うと、短い試合時間と得点先取でゲームが決まるという特徴があります。そして、ショットクロックやボールについても、一般のバスケとは多少の違いがあります。

 

試合時間と得点先取方式

3×3の最も大きな特徴とも言えるのが、試合時間と得点先取方式です。1試合10分で終了する、もしくは21点を取った方が勝ちというルールになっています。体力が長続きしない女子でも気軽にできるというメリットもあります。

 

ショットクロックの変更

ショットクロックは12秒となっていて、スピーディーに試合が流れていくのも特徴です。観客としても見ごたえがあります。

 

ボール規格の変更

ボールは大きさが6号級、しかし重さは7号級という規格になっています。これは女子用のボールと男子用のものを融合した規格で、手元で扱いやすいというメリットがあります。u18などのン本代表も含めて、すべての試合方式で適用される規格となります。

 

 

3×3独自のルールを紹介!

基本はバスケのルールに近いのですが、チーム人数や得点カウント、コートサイズなどに違いがあります。

3×3独自のルール:チームの編成人数

3×3は3人がコートの中に入ってプレーしますが、1チームは4人以内となっています。

3×3独自のルール:コートサイズ

小さめのコートになっていて、縦が11m、横が15mに決められています。素早く細かい動きが求められ、バスケットボールの繊細な扱いがカギとなります。

3×3独自のルール:得点の計算方法

得点は、アークと呼ばれる、いわゆる3ポイントラインの内か外かで変わってきます。アークの中であれば得点は1点、外からのシュートであれば2点となります。フリースローは1点となります。フリースローは、アークの中でのファウルの場合は1フリースローが与えられ、アーク外でのファウルであれば2フリースローが与えられます。

 

まとめ

3×3は狭いスペースでもプレーできることや、人数が集まらなくても気軽にできるということで世界中に広まっています。日本でも新潟で大会が開催されるなど、かなり浸透してきています。オリンピック競技ともなりますので、このスポーツも要チェックです。

 

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケは見ていてもとてもかっこいいスポーツですので、どうせならかっこいい技も覚えたいものです。そして…
  2. バスケ初心者に役立つ練習メニューと方法をご紹介していきます。また練習場所に困っている人のために家でも…
  3. バスケのディフェンスにおけるテクニック「ハーキーステップ」について紹介します。そのやり方、練習方法、…
  4. ジャンプシュートを確実に決められるようになりたい。 空中でのボールコントロールスキルを高めたい…
Return Top