【バスケ】ポジションの役割を徹底解説!

バスケットボールには5つのポジションがあります。ところが、バスケットボールは攻守の切り替え目まぐるしく行われるので各ポジションの役割がわかりにくいのではないでしょうか。

そこで、バスケットボールのポジションの役割をポイントを押さえてわかりやすく解説します。ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

【バスケ】5つのポジションの役割

ポイントガード

番号

1番

役割

バスケの試合においてボール運びの鍵を握るポジションです。ドリブルがうまく、パスのセンスにも長けている選手が適するポジションです。

チームの士気が下がった時には声で盛り上げたり、悪い流れを断ち切るようなシーンでシュートを決めるシュート力もあると尚良いポジションです。

 

シューティングガード

番号

2番

役割

主にアウトサイドからのシューティングを担当するポジションです。攻撃のアクセントにもなる重要なポジションです。

時にはポイントガードの補佐的な役割を果たしますが多くの場合、ゴールから離れたエリアでプレーすることが多く、積極的に得点を狙います。マイケルジョーダンもこのポジションでプレーしていました。

 

スモールフォワード

番号

3番

役割

外からのシュートも中からのダンクなどチームの得点を稼ぐ役割のポジションです。チーム内のエース的存在になる選手が就くことの多いポジションでもあります。

相手ディフェンスとの接触もあるのでフィジカルの強さも求められます。基本はアウトサイドのポジションを定位置にしますが、状況によってはゴール下に参加するなどオールラウンドな能力が求められます。

 

パワーフォワード

番号

4番

役割

定位置はインサイドになります。状況に応じてインサイドとアウトサイドを行き来することもあります。パスの受け渡しや時には外からのシュートも打つポジションです。

パワーフォワードの選手にシュート力やパスをさばく力があると、外に出て相手パワーフォワードをおびき出す戦術も可能になります。アニメ、スラムダンクの主人公である桜木花道がこのポジションです。

 

センター

番号

5番

役割

ポイントガードと同様、チームにおいて重要な役割を担うポジションです。チーム内では一番背が高く、大柄な選手が担当することが多いです。

ゴール下で体を張り、シュートに持って行ったり、リバウンドを取りに行く選手となります。チームの精神的な支柱として、引っ張っていくリーダーシップも求められます。

 

 

まとめ

バスケットボールは野球やサッカーと違ってプレー人数も少なく、攻守の切り替えの速いスポーツです。攻守の切り替えの速さからそれぞれのポジションの役割には気づきにくいかもしれません。

しかし、それぞれに役割があり特徴を生かせる選手を起用する必要あります。観戦する際も、プレーする際もポジションごとの役割を理解しておくと非常に役立ちます。

 

 

【関連リンク】

バスケットのポジションを徹底解説!SGとは?SFとは?【初心者向け】

宮崎早織選手の魅力!スピード溢れるプレーやかわいいルックスに注目!

フィンガーロールとは?有効な場面やコツ、練習方法をご紹介!

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. バスケは見ていてもとてもかっこいいスポーツですので、どうせならかっこいい技も覚えたいものです。そして…
  2. バスケ初心者に役立つ練習メニューと方法をご紹介していきます。また練習場所に困っている人のために家でも…
  3. バスケのディフェンスにおけるテクニック「ハーキーステップ」について紹介します。そのやり方、練習方法、…
  4. ジャンプシュートを確実に決められるようになりたい。 空中でのボールコントロールスキルを高めたい…
Return Top