トラベリングとは?新ルールについても解説!

バスケでよく聞く「トラベリング」の意味はご存知ですか?このトラベリングは、バスケ初心者にとって複雑なルールで覚えにくいでしょう。なので今回は、トラベリングのルールについて、わかりやすく解説していきます。

 

 

トラベリングとは?

そもそも、バスケのトラベリングのルールはどういうものなのかを解説しましょう。

トラベリングとは、「ボールを持ったまま2歩以上歩いてはいけない」というルールで、3歩目を歩いてしまうと、反則になります。英語で「travelling」と表します。

トラベリングをして反則になってしまうと、相手ボールから試合が開始されてしまいますので、覚えておく必要があるでしょう。

 

トラベリングの新ルール

2018年4月1日に、バスケのルールが変わりました。特に、大きく変わったのが、「トラベリング」です。

トラベリングのルールがどのように変更されたのか、簡単に説明します。

 

・動きながらボールを保持した時は、今まで1歩目としていた足をゼロとする。

・動きながらドリブルをしている時に、ドリブルを止めた最初の1歩目をゼロとする。

 

(注)止まった足と同じ足でステップを踏むとトラベリングになる。

文章で簡単に説明しましたが、わかりづらい場合は下記の動画を是非、ご参照ください。

 

ゼロステップとは何か?

動画を参考にしていただければ、ゼロステップはどのようなものか理解していただけるかと思いますが、記事内でも簡潔にお伝えします。

ゼロステップとは、「ボールをキャッチするタイミングと同時に踏んだステップを1歩として数えない」ということです。

 

ゼロステップが得意なNBA選手

ゼロステップが得意な選手を2名ご紹介します!

 

マヌ・ジノビリ

 

  ヤニス・アデトクンボ

 

 

ユーロステップとは何か?

ユーロステップとは、ディフェンス前を1,2ステップでジグザグに動くテクニックです。

高いブロックを持つディフェンスに対してとても効果的で、シュートの引き出しを増やすことができます。

 

ユーロステップが得意なNBA選手

ゼロステップと同じように、ユーロステップが得意な選手を2名ご紹介します!

 

ジェームス・ハーデン

 

ドウェイン・ウェイド

 

ゼロステップとユーロステップについて解説してきました。

参考となる選手も紹介いたしましたので、練習の際は是非、ご参照ください。

 

 

トラベリングの際の審判のジェスチャー

 

 

 

【トラベリングのルール】

ボールを持ったまま、3歩以上歩いてはいけない

 

【審判のジェスチャー】

胸の前で、こぶしを数回回す

 

 

トラベリングが起こりやすいシチュエーション

試合を積み重ねると、どんな場面でトラベリングの宣告をされるのかを、ある程度わかってきます。

ですが、これは相手チームもわかってきます。どのようなシチュエーションを作れば相手がトラベリングになるかということです。

 

そこで今回、トラベリングの宣告をされないためにも、トラベリングが起こりやすいシチュエーションをいくつか紹介します。

 

ディフェンスに囲まれた時

一つ目は、ディフェンスに囲まれた時です。

相手のディフェンスが2人以上になった時に、トラベリングが起こりやすくなります。

なぜ、起こりやすいのかというと、ディフェンスの圧力から焦りを感じ、不意に足が動いてしまうからです。

これによって、トラベリングを宣告されてしまうのです。

 

ドリブルの突き出しの時

二つ目は、ドリブルの突き出しの時です。

オフェンスがディフェンスを交わそうと、ドリブルを突き出すのですが、この時に審判から宣告されます。

このドリブルを突き出す時に、ただボールを突き出すだけではなく、ドリブルをする前に先に、「ピヴォットフット」が動いてしまうことが多いから、宣告をされてしまうのです。

焦ってトラベリングにならないためにも、練習の時は、ディフェンスを交わす時にピヴォットフットが先に出ないように心がけましょう。

 

ルーズボールの処理の時

三つ目は、ルーズボールの処理の時です。

ルーズボールとは、こぼれ球と言います。両チームの誰もが保持していない状態のボールです。

このボールは、床に転がっている時が多く、このルーズボールを掴もうと両チームが奪いにいきます。

その奪いにいった時にボールを掴んだ際は、トラベリングにはなりません。ですが、ボールを持った状態で、床に転がったりその場で立ち上がってしまうと、トラベリングになります。

 

以上で、トラベリングになりやすいシチュエーションを挙げました。

 

 

トラベリングをなくすために意識すること

トラベリングを起こすと、相手ボールになります。そのため、極力トラベリングをなくすことが必要です。

そこで、トラベリングをなくすために意識することを解説します。

 

ピボットを有効に使う

一つ目は、ピボットを有効に使うことです。

このピボットは、ディフェンスに囲まれた時に効果があります。ダブルチームやトリプルチームでディフェンスをされることはよくあるので、味方を探す方法として「ピボット」を意識して使いましょう。

ジャンプしながら味方を探してしまうと、体力が落ちますしトラベリングにもなりやすいです。

ですから、数人のディフェンスに囲まれたらピボットをしながら味方にパスを出してみるとトラベリングになりづらいでしょう。

 

足の動き出しよりもドリブルのタイミングを早めにする

二つ目は、足の動き出しよりもドリブルのタイミングを早めにすることです。

ディフェンスを交わそうとピボットするオフェンスは多いですが、これはトラベリングになる可能性が高くなります。

トラベリングにならないためには、ピボットをする前にボールを突き出すことです。そのため、足を動かす前にドリブルを突くように意識してください。

先にドリブルをついていれば、足よりもボールを先に突き出すことができるので、トラベリングを防ぐことができます。

 

以上で、意識すべき2つのことを解説しました。

 

 

まとめ

今回は、トラベリングとは?新ルールについて解説してきました。

バスケに新しく加わったルールが、「ゼロステップ」「ユーロステップ」です。この2つのステップは、海外ではすでに加わっているルールのため、日本人プレイヤーにとっては、嬉しいことではないでしょうか。

ですが、バスケ初心者は、まずトラベリングの知識と技術を蓄えてから、ゼロステップとユーロステップを練習するのをオススメします。

トラベリングは、ゼロステップとユーロステップの基礎部分になりますので、しっかりトラベリングについて当記事を参考に学んでいただけたら幸いです。

そして、練習の際は当記事で紹介した動画などをご参照して実践してみてください。

以上で、トラベリングについてお伝えしました。

 

 

【関連記事】

バスケ審判のジェスチャー&ルール一覧【2018】服装や資格も解説

【バスケ】バイオレーションとは?ファウルとの違いや種類を紹介!

バスケットボールのルールまとめ! 覚えておきたいファウルや2018年変更点

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. ハンドリングとは、バスケにおいて非常に重要なドリブルのテクニックを上げていくためにするトレーニング方…
  2. バスケットボール男子日本代表/NBAドラフト1巡指名 八村塁 独占インタビュー 9月に発行されるT…
  3. 練習動画を紹介! 開志国際高校がウォーミングアップで実践する「コンタクト練習」 TIP…
  4. トレーナー直伝! 指導者が選手のコンディションを把握するポイント 開志国際高校のように…
Return Top