バスケットボールの歴史・ルールを簡単に!世界と日本を年表風に紹介!

日本では人気スポーツの1つであるバスケットボールですが、その歴史について知っている人は少ないのではないでしょうか。

バスケットボールはアメリカで誕生したスポーツですが、日本人がその誕生に関わっているなど、興味深いエピソードもいろいろとあります。

世界と日本のバスケットボールの歴史を、わかりやすく年表風にまとめて紹介してみたいと思います。

 

 

世界におけるバスケットボールの歴史

バスケットボールの始まりはいつからでしょうか? まずは世界のバスケットボールの歴史から見ていきましょう。

 

【1891年】始まり

現在のバスケットボールは、アメリカ、マサチューセッツ州にある国際YMCAトレーニングスクールに勤めていた体育教育者のジェームズ・ネイスミスの考えたルールが原型になっています。

ネイスミスは、長い冬に外でスポーツができない間、室内で行えるスポーツを求めていました。室内では体操中心のプログラムとなり、学生の意欲が低下してしまうため、激しいスポーツを必要としていたのです。

そこで体育館のバルコニーに桃を入れる籠を取り付けて、そこにサッカーボールを入れ合うという、今のバスケットボールの原形が生まれました。

 

【1892年】始めての公式試合

バスケットボールの初めての公式試合は、1892年に国際YMCAトレーニングスクールで行われました。

この試合のボールにはサッカーボールが用いられ、ゴールには桃を入れる籠が使われました。歴史上初の試合ということもあり、ファールが続出してしまい、記念すべき初ゴールが生まれたのは試合が始まって1時間も経ってからでした。

この試合には18人の学生が参加しましたが、その中には日本人の石川源三郎も含まれていました。

初試合を開催するにあたり、このスポーツの名称を決める必要があり、桃の籠を用いたことから「バスケットボール」と名付けられました。このことから日本語表記では「籠球(ろうきゅう)」となりました。

 

【1932年】国際バスケットボール連盟(FIBA)結成

バスケットボールはすぐに人気スポーツとなりました。女子バスケットボールが始まり、アメリカ国内のあちこちで行われるようになり、YMCAを通じ世界各国へ急速に広まりました。

人気のスポーツとなったこともあり、1904年のセントルイスオリンピックではデモンストレーション競技として開催され、その後、1924年までオリンピックの公開競技として実施されました。

そして、1932年には国際バスケットボール連盟(FIBA)が結成されました。

 

【1936年】ベルリンオリンピックで男子オリンピックの正式種目に

1936年のベルリンオリンピックから男子バスケットボールが正式種目に採用されました。

1976年のモントリオールオリンピックからは女子も正式種目に採用されました。

 

【1946年】男子プロバスケットボールリーグ(BAA)創設

アメリカ国内では、1946年に男子プロバスケットボールリーグBAAが創設されました。参加したのは11チームでした。

1946年11月1日に記念すべき最初の試合が行われ、1947年4月22日に初のBAAチャンピオンが決定しました。

 

【1949年】BAAがNBLと合併しNBAが誕生

BAAが創設されてから3年後の1949年、ライバルリーグであったNBLと合併してNBAが誕生しました。チーム数は17です。

1967年に、対抗するABAというリーグが設立されましたが、ABAは1976年に消滅し、NBAは現在も世界最高峰のリーグとしてその輝きを放っています。

 

【1996年】女子プロバスケットボールリーグ(WNBA)設立

1996年にはNBAの全面的な支援により、女子プロバスケットボールリーグのWNBAが設立されました。

シェリル・スウープスやローレン・ジャクソン、リサ・レスリーなどのスター選手が登場して活躍しました。

多くの外国の女子リーグがオフシーズンとなる時期に短期間で開催されるため、様々な国の選手が多くプレイしていることもWNBAの特徴です。

 

 

日本におけるバスケットボールの歴史

続いて、日本のバスケットボールの歴史を見ていきましょう。

 

【1908年】大森兵蔵が初めて日本に紹介

先述したように、歴史的なバスケットボールの初試合に参加した日本人は石川源三郎ですが、帰国した後は実業家として活躍し、バスケットボールを広めるには至っていません。 

バスケットボールを日本に紹介したのは、大森兵蔵というYMCAの卒業生です。

1908年に大森兵蔵が東京YMCAで紹介したのが最初で、その後、1913年に来日したYMCA体育主事のF.H.ブラウンが普及させました。

 

【1967年】バスケットボール日本リーグの開催

1967年に、日本バスケットボール協会・日本実業団バスケットボール連盟主催の「全国実業団バスケットボールリーグ」が開催されました。

1970年にはリーグ改編にともなってトップリーグは「バスケットボール日本リーグ」に改められ、「全国実業団リーグ」は新設されたリーグ(2部相当)の名称となりました。

 

【1976年】財団法人日本バスケットボール協会(JABBA)設立

1930年に「大日本籠球協会」として設立。

法人化により財団法人日本バスケットボール協会(JABBA)が発足しました。

バスケットボール日本リーグは、日本バスケットボール協会が主催となり、男女共同運営で開催されていました。

 

【1995年】バスケットボール日本リーグ機構(JBL)設立

日本バスケットボールリーグ発足30周年を前に、将来のプロリーグ化を視野に入れて、1995年に「バスケットボール日本リーグ機構(JBL)」が設立されました。

翌1996年には日本バスケットボール協会からバスケットボール日本リーグ機構に主催統括団体が変更されました。

 

【2005年】日本初のプロリーグbjリーグ発足

バスケットボールの歴史とは深い関わりがある日本ですが、その実力は世界的にみたら後進国といわざるを得ません。

NBAで活躍する日本人選手はほとんどいませんし、男子代表は1976年モントリオール以来オリンピックに出場していません。

日本のリーグは実業団が中心でしたが、強豪といわれる国のほとんどが国内にプロリーグを持っていました。そこで日本でも2005年に初のプロリーグ・bjリーグが誕生します。

以来、日本には2つのトップリーグが存在するようになります。

 

【2007年】日本バスケットボールリーグ(JBL)設立

バスケットボール日本リーグ機構(旧JBL)のスーパーリーグは、2007年に新リーグ日本バスケットボールリーグへ移行しました。

略称は引き続きJBLを使用することになりますが、ロゴは一新されました。

 

【2007年】日本協会の略称をJABBAからJBAに改称

2007年、日本バスケットボール協会の略称を、JABBAからJBAに改称しました。

 

【2013年】ナショナル・バスケットボール・リーグ( NBL)設立

プロリーグが誕生したといっても、日本のバスケットボールは発展・強化が遅く、アジアの各大会で苦戦を強いられていました。

2006年には日本で世界選手権大会が開催されましたが、日本代表は予選敗退という成績で終わり、大会自体も大赤字を記録しました。

これを受け、国際バスケットボール連盟から「日本のバスケットボールは成長していない」と苦言を呈され、トップリーグが2つある問題を含め、改善されない場合は、協会を処分する可能性も示唆しました。

警告を受けてから数年が経ち、2013年、JBLは終了し、ナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)が発足しました。

 

【2015~2016年】NBLとbjリーグが統合、Bリーグが開幕

2つのリーグの統合が一向に進まない日本に対し、国際バスケットボール連盟はリーグ統合を条件として、国際試合の参加停止処分を行います。

そこで日本は2016年、NBLとbjリーグを統合させた新リーグ「ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(Bリーグ)」を発足させ、同年9月に開幕しました。

 

 

ルールやコートの変遷を簡単に!

バスケットボールが誕生した当時のルールやコートサイズは、現在のものとは違ったものでした。

ここでは、バスケットボールのルールやコートのサイズが現在とどう違っていたのか、簡単に説明します。

 

ルール

ネイスミスが考案したの新スポーツのルールは13項目でした。現代のバスケットボールのルールが約250項目あることを考えると、かなりシンプルなルールだったことがわかります。

誕生当初のルールでは、使用するボールはサッカーボールと定められていました。

試合中のルールでは、ボールを持った状態で歩くことができないというのは現在と同じですが、相当なスピードがでた状態でボールを保持した場合に限り、止まる努力をしていれば1、2歩程度は歩くことを許されていたようです。

また一人の選手が2回ファールをしたら次のゴールが決まるまでは退場となり、同じチームが3回連続でファールをすると相手チームに1ゴールを与えられるというユニークなルールもありました。

ルールがお覚えやすいということもあり、この新しいスポーツはアメリカ国内で急激に普及していったようです。

 

コート

誕生当時のコートにも驚きの事実があります。

現在のバスケットボールコートのサイズは11m×28mですが、ネイスミスが考案したバスケットボールのコートは11m×15mでした。誕生当初は現在の半分ほどのコートでゲームをしていたということです。

先述した通りゴールには桃の籠が使われましたが、ゴールの高さは当時の体育館ギリギリのの高さとなる3m5cmで、ゴールの直径は45cmとされています。

ゴールの高さと直径は今も昔も変わらないということです。

 

 

バスケットボールの歴史がわかる本

バスケットボールの歴史について書かれたおすすめ書籍を紹介しますので、興味を持たれた方はぜひ手に取ってみてください。

 

バスケットボール物語―誕生と発展の系譜

出典:Amazon

 

バスケットボール史研究の第一人者である著者が、丹念に収集した資料と写真をもとに、その誕生と発展の歴史を詳しくまとめた一冊です。

バスケットボール誕生の背景から、アメリカ国内における普及と発展、オリンピック、近年の世界のバスケットボールの流れまで、細かく記されています。

 

 

まとめ

バスケットボールの初試合に日本人が参加していたのは誇らしいことですが、現在の日本代表は世界のレベルと比較するとトップレベルとは言い難いです。

しかし待望のBリーグが誕生し、日本国内のバスケットボール人気も高まりつつあり、レベルも少しずつ高くなっていますので、今後さらなる発展を期待したいところです。

 

 

【関連記事】

バスケ審判のジェスチャー&ルール一覧【2018】服装や資格も解説

バスケットボールのルールまとめ! 覚えておきたいファウルや2018年変更点

高校王者、明成高校に聞く!強いチームの作り方とは?

 

 

 

関連記事

オススメの記事

  1. シューズ選びで困ったことやわからないことはありませんか? 例えば、いつも靴擦れをしてしまう、足が痛…
  2. ねんざのリスクが高まる要因とは? 足のねんざが発生する原因の1つとして、小出敦…
  3. プロテインの美味しい飲み方や初心者でも簡単なレシピ集、おすすめ商品をご紹介します。今回はパーソナルト…
  4. スポーツをやっている方はテーピングをうまく使って怪我の予防や悪化などに備えたりすると思います。テーピ…
Return Top